fc2ブログ

    どうして光速は一定なのか

    Yahoo!知恵袋(物理)を見ていて、どうして光速は一定なのかという事に疑問が持つ人が多い事が分かりましたが、本日は天気が悪くて外に出かけてデジカメで撮影する事も出来ないので、この件について大昔に私が考えた妄想を記してお茶を濁したいと思います。
    光速度は宇宙全域で一定だと考えられていますが、もしそうだとしたら、宇宙全域に何か一つだけ共通するパラメーターがあり、そのパラメーターが現在測定されている光速度と一致していると考えて見ると、宇宙の膨張スピード=光速度となるしかないという考えに至りました。
    そして、この事をイメージ的に説明するために、時空内のすべての時空点で宇宙の膨張スピードと同じ速さで裂け目が出来て時空が新たに作られ、光や重力子のような無質量粒子は、この裂け目に乗って運動しているのではないかというように漠然と考えていました。
    このように考えると、光速は長い目で見れば変動しても良い事になり、宇宙の膨張が止まって収縮に転じると、光速や時間の経過は一体どうなってしまうのかという問題が起きるのですが、宇宙項を持ち出して、宇宙は未来永劫膨張し続けるはずだ言い張る事によってこの問題が存在しない事に出来るかもしれません(笑)
    尚、2011年のノーベル物理学賞――宇宙膨張は加速しているの中のグラフを見ると、遠く離れた銀河の超新星は、遠く離れれば離れる程、Ia型超新星の明るさが一定スピードで宇宙が膨張したと仮定した場合より明るくなっている事が分かりますが、この事は、E=mc^2の法則から考えると、大昔は光速cの値が大きかったからIa型超新星のエネルギーが高くなって明るさが明るかった可能性があるし、ミンコフスキー計量を考えると、光速cの値が大きくなると、時間の進み方が遅くなって観測される赤方偏移も大きくなると思うので、この事も宇宙の膨張が加速しているように見える要因になる可能性があるのではないでしょうか。
    そして、宇宙の膨張は実は減速していると考えれば、ダークエネルギーをゼロにする事が可能となるのではないでしょうか(笑)
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR