fc2ブログ

    中華広角レンズを全開にして紅葉と花を撮って見ました

    今日は雨で外出する気が起きないので、昨日、日経サイエンスの12月号を拝読させていただくために新潟県立図書館に行ったついでに鳥屋野潟公園で撮影した画像を皆さんにお見せしてお茶を濁したいと思います。
    カメラはLUMIX GX7で、レンズはダムを撮影した後、付けっぱにしていたTTArtisan 17mm f/1.4 Cです。
    因みに、TTArtisan 17mm f/1.4 Cは風景撮影用と割り切っていつもF8で撮影していたのですが、それでは可愛そうなので、絞りを全開にしてF1.4で撮影してやりました。
    やはり、非球面レンズを使っている事と周辺部の非点収差が激しくて特に周辺部のボケはグダグダですが、高屈折低分散ガラスを3枚も使っているため色収差は比較的良好ですので、細かい事は気にしないで、どうか心の目を開いて自然の美しさを見てやってください(笑)
    尚、日経サイエンスの12月号でまたしても大衆向けのベルの不等式の解説を行っていましたが、大衆向けの説明で満足出来ない方は、ベルの不等式の破れについてからどうか見てやってください(笑)
    追記:
    4枚目と5枚目の画像を見て思ったのですが、TTArtisan 17mm f/1.4 Cは遠景のボケはグダグダですが、近接撮影の場合は周辺部のボケも非点収差も割と良好なので、風景と近接撮影の二刀流で使うのが正解なのかもしれないですね。
    ※私のデジカメ関連の日記はこちらを見てください。
    gxP1340945.jpggxP1340948.jpg
    gxP1340942.jpg
    gxP1340935.jpggxP1340937.jpg
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR