fc2ブログ

    リニアの高温超電導磁石化は成功しますの?

    Yahoo!知恵袋(鉄道、列車、駅)でリニアに関する質問に答えていたところ、「「超電導リニア」計画3年延長」だそうですで紹介した、リニアに使おうとしている高温中伝導磁石について、私が何も知らない事に気が付いて、ネットで高温超電導磁石について調べて見たのですが、以下の事が分かりました。
    高温超電導磁石のほうが低温超電導磁石よりクエンチが起きやすいと言い切っている情報は見つからなかったのですが、クエンチが起きた時の挙動が全く違っていて、高温超電導磁石ではクエンチが局所的に発生し、低温超電導磁石と異なって、クエンチが発生すると熱暴走が起き、何も対策を行わないと超電導コイルが焼損してしまうそうです。
    この熱暴走によって、最悪の場合に車両全体が炎上するほどの事態になるかどうかは分かりませんでしたが、高温超電導磁石では、この熱暴走を予防するために、わずかな電流の上昇を間違いなく検知して、熱暴走が起きる前に超電導磁石の電流を逃がすようにしなければならないようです。
    尚、高温超電導磁石は実用化されてから未だそれほど月日が経っていないので、この技術が完成しているかどうかは、実際に運用して見ないと分からないのではないでしょうかね。
    因みに、高温超電導磁石のわずかな電流の上昇は、高温超電導磁石の温度の上昇によって起きるそうですが、この事に対する対策の情報がネット上にそれなりに存在するという事は、冷却のためのコストを減らすために高温超電導磁石を使うと、ヘリウムで冷却する低温超電導磁石と違って、超電導磁石の温度管理が難しいという事であり、結果的に高温超電導磁石の方が低音超電導磁石よりもクエンチが起きやすいという事を意味する事になるのではないかと思ったのですが、私の単なる妄想でしょうかね。
    ※下の画像は、スタジオジブリのサイトのこちらから入手したものです。
    nausicaa033.jpg
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR