fc2ブログ

    中国のがん死亡率が増えたのも原発のせい?

    Yahoo!知恵袋で「中国の原発の汚染水がー!!」と叫び続けている人達がいますが、中国も原発でがん死亡率が増えただろうと思ってネットで調べたところ、中国における三大死因とは?-4人に1人が「がん」で死亡(ニッセイ基礎研究所 2018年05月29日)という情報が見つかり、2006年から2007年にかけて、がん死亡率が急上昇した事が分かりました。
    そして、中国の原子力発電所(Wikipedia)のデータに基づいて中国の原発稼働数の推移のグラフを作成して見たのですが、中国は2002年から原発稼働数が大幅に増えた事が分かり、この時期から約4年遅れで中国のがん死亡率が急激に上昇した事が分かりました。
    中国の原発稼働数を4年遅らせて中国のがん死亡率との相関を見た場合、2007年以降の相関が崩れていますが、この時期に医療技術が飛躍的に進歩した可能性があるかもしれません。
    因みに、がん死亡率の上昇に合わせて心疾患死亡率が上昇しているので、放射能と心疾患の関係も疑わなければならないのではないかと思いましたが、これは、キセノンガスやアルゴンガスなどの放射性気体の影響かもしれませんよね。
    まあ、このデータを見ても、中国のがん死亡率が増えたのが原発のせいであると主張するのはかなり苦しいですが、中国の原発稼働数が大幅に増えた時期から約4年遅れで中国のがん死亡率が急激に上昇した事を心に止めていただけると助かります。
    Yahoo!知恵袋[q14286690619]で質問して見ました。
    chinanpcnt3.jpg
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR