fc2ブログ

    HDDのPCでRedmineの起動を高速化する方法

    私は貧乏なのでWindowsPCはHDDなのですが、Redmineをバージョンアップしたせいかどうか分からないのですが、PCを起動した後の最初のRedmineの起動がこれまでは1分程度だったはずなのに約1分20秒もかかってしまうようになったので、C:\Ruby26-x64をUSBメモリーにコピーし、環境変数のpath内のRubyのパスをCドライブからUSBドライブのパスにしたら、約50秒程度で起動するようになりました。
    そして、さらにC:\Redmineを別のUSBメモリにコピーし、添付ファイルの安全性を考えてconfigure/configration.ymlを
    default:
      attachments_storage_path: C:/redmine/files
    として添付ファイルはCドライブに格納するようにしました。
    これらの対処によりRedmineが40秒程度で起動するようになり、ブラウザーで最初にRedmineにアクセスする際のレスポンスもだいぶ向上しました。
    Windowsのアプリケーションはインストール先をCドライブ以外に出来ないものが多いですが、オープンソースは自由度が高いから本当に助かりますよね。
    これで、使い道がなかったUSB2.0のUSBメモリーを有効に使う事が出来ましたが、やっぱオープンソースのほうが絶対に地球に優しいですよね(笑)
    尚、ReadyBoostはUSBメモリーの容量が減少していつの間にか機能が停止するので、2~3か月に1度程度はReayBoost用のUSBメモリーをフォーマットしなおしていますが、それ以外は順調に動作していますのでReadyBoostの効果についてを未だ見ていない方はどうか見てください。
    また、初心者にはお勧めしませんが、Redmineのインストール法はRedmineをWindows10PCにインストールする方法を見てください。
    追記:
    たまにPC立ち上げ直後のRedmineの起動が1分20秒程度かかる事もありますが、30秒で起動する事もあるので、これで良しとしました。
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR