fc2ブログ

    二酸化炭素の赤外線吸収について(4)

    Yahoo!知恵袋(地球温暖化)にて、二酸化炭素の赤外線吸収域の赤外線は、水蒸気の赤外線吸収域の赤外線の吸収も考慮すると、大気中で吸収飽和しているから、二酸化炭素が増えても地球温暖化はしないといわれている方が未だに幅を利かせていて、砂漠の上空で観測されたとされる北海道大学の地球温暖化序論のP2の「図2:衛星で観測された地球放射のスペクトル」のグラフのデータを示し、該当する赤外線の宇宙への放出量がゼロではない事を示して反論したのですが、該当する赤外線は宇宙から対流圏の温度に対応する赤外線がそのまま見えているだけなので、成層圏で二酸化炭素の吸収域の赤外線の吸収は起きていないから、成層圏の二酸化炭素が増えても地球は温暖化しないという旨の再反論がありました。
    しかしながら、気象庁の大気の構造と流れを見ると、対流圏界面の温度は220Kを少し上回っているように見え、上のデータをよく見ると、比較的温暖なサハラ砂漠の上空でも二酸化炭素の赤外線吸収域の赤外線の温度が220Kを下回っている事が分かりますので、そのような反論は誤りである事が分かるのではないでしょうか。
    また、「図2:衛星で観測された地球放射のスペクトル」の右側のCH4と記されている部分をると、メタンの赤外線吸収域の赤外線の温度は約270Kであり、対流圏ではメタンの赤外線吸収域の赤外線の吸収の余地がまだあるという事なので、メタンの濃度の上昇は二酸化炭素の濃度の上昇以上に地球温暖化につながるのはないでしょうか。
    尚、地表で発生した二酸化炭素の赤外線吸収域の赤外線が宇宙空間へ放出される前に全て吸収されたとしても、二酸化炭素が増えると二酸化炭素の赤外線吸収域の赤外線の宇宙空間への放出量が減る事を説明した図を作成しましたので、どうか見てください。
    また、二酸化炭素の赤外線吸収について(3)を見ていない人はどうか見てください。
    Yahoo!知恵袋[q10267866375]で質問して見ました。
    Yahoo!知恵袋[q14276023889]でも質問して見ました。
    Yahoo!知恵袋[q10276264245]でも質問して見ました。
    Yahoo!知恵袋[q12294186692]でも質問して見ました。
    absco2inf7.jpg
    追記:
    Yahoo!知恵袋で質問して何を言っているのか分からないという批判を受け、説明図を改善しました。
    追記2:(2022/9/22)
    大気の窓=地球放射の窓という事が分かりましたので、記事のタイトルと関連部分の訂正を行いました。
    追記3:(2023/2/28)
    琉球大学の日本域における下向き赤外放射と温室効果ガスの相関(2014-03-31)の、「励起されたCO2分子と空気分子との衝突頻度が減少する空気密度の薄い対流圏界面付近でのみ,励起CO2分子は赤外線の再放射が可能であり,したがって,宇宙から測定される放射フラックスは空気密度が相対的に薄くなる温度220K(-53°C)の高度約10km~15km(圏界面)で最終的に放射されるスペクトルとして観測される.」という記載は、説明図の説明内容を概ね支持していましたが、説明図を若干訂正しました。
    それと、成層圏の温室効果気体が地球温暖化に寄与する事を否定されているかたがそれなりにいらっしゃるようですが、成層圏の水蒸気、地球温暖化に大きな影響(環境展望台 2010.01.28)によると、成層圏の水蒸気が地球温暖化に寄与するという事なので、二酸化炭素も同じ事ではないでしょうか。
    追記4:(2024/1/17)
    追記5:(2024/2/28)
    メタンの話を追加するとともに、本文の説明不足の箇所に説明を追加しました。
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR