fc2ブログ

    原発が民間テロの対象になる可能性があるのでは?

    昨日、安部さんが凶弾に倒れた事については本人も含めて誰も想定出来なかったと思いますが、私はこの事件を目の当たりにして、原発が民間テロの対象になる可能性があるのではないかという事を真剣に考えて大変心配になって来ました。
    特定の量子現象を計算して確率が0でなければ、確率がどんなに小さくても、必ずその確率でその事象が発生するというのが量子力学の帰結です。
    したがって、原発が民間テロの対象になる可能性が低いとしても決して安心出来ないし、自民党がアメリカの言いなりになりながら日本の戦後民主主義を破壊し、福島第一原発事故や新型コロナによっても日本の貧富の差が拡大して閉塞感が社会の隅々まで広がり、日本人の劣化や民心の荒廃が進んでいる中で、原発や再処理工場が民間テロによって大事故が起きる可能性が高まっていると考えた方が間違いは少ないのではないでしょうか。
    また、六ヶ所村の再処理工場で意味不明な事が起きた?の「何らかの原因」については、未だに判明していないとすれば、高レベル放射性廃棄物を爆発させる事を目的として何者かが「水を循環させる配管の仕切り弁」の操作を行った可能性を否定出来ないのではないでしょうか。
    追記:
    岸田首相は、「暴力には屈しない」等といって、安倍首相の殺害があたかも政治的なテロであるような印象を与える言い回しをしているように私には思えてならないのですが、岸田首相を頭目とする日本政府は、私的怨念に基づく民間テロを活用して、日本の思想信条や言論の自由を制限しようとしている事ではないでしょうか。
    したがって、日本は改憲勢力の憲法の改正によって大変危険な事になるのではないでしょうか。
    尚、世界で最も優れた日本国憲法の改正を阻止するために、明日の投票日には現在の憲法を尊重する候補者や政党に投票すべきだと思うのですが、いかがでしょうか。
    追記2:
    再処理工場の冷却停止トラブル “誤ってバルブ閉じた可能性”(NHK 07月19日)だそうですが、「誤ってバルブを閉じた可能性」という事なので、民間テロの可能性も未だ残されているという事でしょうか。
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR