fc2ブログ

    「子宮がんにおける2006年問題」をご存じでしたか?

    日本は子宮がんが増えているから、政府は今後、子宮がんのワクチン接種を進めて行くそうですが、もしかしてと思ってネットを調べてみたところ、オーストラリアから「子宮頸がん」が無くなる、その一方で日本ではこれからも若い人たちの間に増え続ける(Opinions 2020.02.18)の「図1 子宮頸がんの罹患率と死亡率」のグラフを見ると、2006年頃を境にして子宮頸がん(上皮内がんをふくむ)が激増しているように見えます。
    私は、子宮がん(上皮内がんをふくむ)が激増した時期が「白血病における2006年問題」をご存じでしたか?と殆ど同じ時期のようなので、小児白血病の増加と何らかの関係があるのではないかと推測するのですが、いかがでしょうか?
    そして、もし子宮がん(上皮内がんをふくむ)の激増の原因が放射能の影響だとしたら、PHVワクチンの接種を行っても全く意味がないと思うので、2006年頃を境にして子宮がん(上皮内がんをふくむ)が増加した原因をきちんと調査すべきだと思うのですが、いかがでしょうか?
    また、九州や沖縄で白血病が多いのは本当にウイルスのせいなのかという話も有りますので、どうしてトリチウムは危険なのか(6)の話もありますので、白血病の増加の原因もきちんと調査すべきだと思うのですが、いかがでしょうか?
    追記:
    がんを生きるの膵がんとはのグラフを見ると、すい臓がんも2006年頃を境にして罹患率が少し上がっているので、やはり2006年頃に何かがあったと考えざるを得ないのではないでしょうか。
    追記2:
    スマホが登場したのは2007年だそうですが、もしかしたら、六ヶ所村のアクティブテストだけでなく、スマホも白血病や子宮頸がん(上皮内がんをふくむ)やすい臓がんの増加と何らかの関係がある可能性があるのではないでしょうか。
    追記3:
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR