MD W.ROKKOR 28mm 1:3.5をゲットしました

FUJINON-ES 1:4/50mmの鉄壁の光学性能は私の心をかなり満たしてくれたのですが、やはり35mm換算で100mmでは風景撮影のためには画角が狭いので、さんざんハ〇〇・〇フを徘徊した挙句、少し前から目を付けていた35mm換算で56mmのMD W.ROKKOR 28mm 1:3.5(後期型)を清水の舞台から飛び降りる覚悟で4400円でゲットしました。
光学性能が優秀と思える天下のニコンの28mmのレンズもハ〇〇・〇フで見かけた記憶があるので、どちらにするかかなり迷ったのですが、MD W.ROKKOR 28mm 1:3.5のほうがレンズの枚数が少ないからヌケや発色が良いだろうと思って、また、尊敬すべきユージン・スミスがMINOLTAを愛用していたという事もあるので、MD W.ROKKOR 28mm 1:3.5に決めました。
マウントアダプターは高いので、適当な粘着テープとBORGの部品を活用してLUMIX GX7に付けてテスト撮影を行いましたが、後でもっとしっかりした粘着テープで固定させるつもりです(笑)
因みに、本日出向いたハ〇〇・〇フには、多分光学系が殆ど同じと思われるMC W.ROKKOR 28mm 1:3.5の美品も同一の価格で売られていて、作りはそちらのほうがしっかりしているように見えましたが、MD W.ROKKOR 28mm 1:3.5のほうがコンパクトで軽かったので、粘着テープで固定する事を考えて、MD W.ROKKOR 28mm 1:3.5にしました(笑)
肝心の写りについてですが、マイクロフォーサーズのイメージサークルでも周辺部で倍率色収差がそれなりに出てしまいましたが、絞りを開放にすると少しマシになり、たちが良いタイプの倍率色収差なので、Lightroomで殆ど除去出来て、1600×1200画素では全く分からなくなったので、ブログ用としては鉄壁な画質を得ることが出来ました。
解像度については、開放でも中心部は非常に良好で、最周辺部までそれなりにキチンと解像するので、倍率色収差をソフトで除去出来るという条件さえあれば、優秀なマイクロフォーサーズ用のレンズとして十分使用出来ると思いました。
MD W.ROKKOR 28mm 1:3.5は、色のりやボケやコントラストは素晴らしく、周辺減光や歪曲収差も認められないので、いまのところ倍率色収差以外は非の打ち所は見つかっていませんが、フォーカスが全繰り出しタイプではないので、マウントアダプターを購入してレンズを正規の位置にすれば、倍率色収差はもう少し改善される可能性があるかもしれませんね。
購入前に、ミラーレス全盛の時代にバックフォーカスを稼ぐために収差補正が難しいレトロフォーカス方式で、レンズ枚数が少なくてキチンとした画質を得られるのか分からないので非常に悩んだのですが、目論見通りLightroomの色収差補正がそれなりにうまく機能したので命拾いしました(笑)
※私のデジカメ関連の日記はこちらを見てください。
fzP1120684.jpggxP1270176.jpggxP1270161.jpggxP1270180.jpg

コメント

非公開コメント

検索フォーム

最新記事

QRコード

QR