どうしてイギリスで新型コロナ感染が減らないのか

著作権の関係があると悪いのでグラフの画像は張り付けないですが、Googleで"イギリス コロナ"で検索して、上の方に出て来る国別の新型コロナの患者の状況を示すグラフを見てもらえないでしょうか。
このグラフを見ると、本日現時点でイギリスの新規感染者数が減らないどころか、逆に増えている事が分かるのではないでしょうか。
私は先月ぐらいから、ワクチン接種が進んでいるイギリスでどうして新型コロナの新規感染者数が減らないのか不思議に思っていたのですが、この原因について閃いたので、この事に対する考えを記したいと思います。
私が閃いた内容は、アストラゼネカのワクチンが新型コロナに良く効いているから感染が収まらないのではないかというものです。
アストラゼネカのワクチンが新型コロナに良く効いている事は、RNAワクチンはベクターワクチンより効きが悪い?で説明しましたが、イギリスではワクチンが良く利いて、無症状感染者が増えてしまって、無症状感染者がいわゆるスーパースプレッダーになって感染を広げている可能性があるのではないかというように閃いた訳です。
たしかにイギリスは新型コロナ感染による入院患者数や死亡者数は明らかに減っているので、ワクチンの効果が表れているのは確かですが、感染者数が増えれば結局死亡者数は増えるし、今後ブースター接種を行ってその副反応で死亡する人が増えるなどすれば、長期的に見た場合はワクチンの効果は失われてしまうのではないでしょうか。*1
もしこの事が本当だとすると、日本で急激に感染者数が減ったのは、新型コロナは人工ウイルスだから感染が急に減少した?で説明した新型コロナうルスの特性とワクチンが効かなかった事の両方が影響した事になると思いますが、いずれにしても、新型コロナに対してはワクチンは有効ではなくて、ワクチンは副反応による犠牲者と無駄お金を増やす事になると思うので、検査体制や治療薬や治療体制の強化にお金をかけた方が良いと考えるのは私だけでしょうか。*2
*1 アメリカやイスラエルは、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンが多いようなので、このまま行くと、日本のように感染が収束して行くのではないでしょうか。
*2 仮に私の考えが正しいとしても、コロナウイルスは一般的には気温が下がって乾燥すると感染しやすくなりますので、感染対策はこれまで以上に十分気を付けていただきたいと思います。
※下の画像は、スタジオジブリのサイトのこちらから入手したものです。
追記:
Yahoo!知恵袋[q12251127507]で質問して見ました。
追記2:
ワクチン接種者でも感染を広げる可能性がある事は、デルタ株、ワクチン接種後感染者も感染広げる可能性、証拠を確認(NATIONAL GEOGRAPHIC 2021.08.24)を見てください。
追記3:
英検査機関、4万3000人の「コロナ偽陰性」判定の可能性(TBS NEWS 18日)との事ですが、イギリスはPCR検査の失敗によっても感染増加が起きているのかもしれないですね。
kazetachinu025.jpg

コメント

非公開コメント

検索フォーム

最新記事

QRコード

QR