「安心安全」な東京オリンピックは中止にしませんか?(3)

「安心安全」な東京オリンピックは中止にしませんか?(2)の続きですが、オリンピック 選手3人含む27人がコロナ感染 2日連続最多更新(NHK 2021年7月30日)だそうで、27人というのは、新規感染者数が少なめな都道府県の数字に匹敵しますので、オリンピック関係者は大変な効率で感染が拡大していると見るべきではないでしょうか。
日本政府は、新型コロナの新規感染者数の急増の原因をデルタ株の感染力と若者の気の緩みにしていて、確かにそういう面もあると思いますが、デルタ株が感染力が高いという事はとっくの昔に分かっていたはずの事ですし、東京オリンピックを何が何でも開催させるために「安心安全」と言いながら東京オリンピックを開催し、日本全体をお祭り気分にして若者の気の緩ませたのは、まさに日本政府自身ではないのでしょうか。
また、選手村滞在の大会関係者、観光目的で外出…参加資格証を剥奪(読売新聞オンライン 2021/07/31)というような話も出て来ているので、オリンピック関係者も日本の感染拡大の一翼を担っている可能性がある事を完全には否定出来ないのではないでしょうか。
私も、デルタ株だけでここまで危機的な状況になる事は予想出来ませんでしたが、ともかく、「安心安全」な東京オリンピックは一刻も早く中止にしないと、医療崩壊を食い止められない可能性が高くなると思うし、福島第一原発事故で既に壊れている日本がさらに壊れてしまう可能性があると思うのは私だけでしょうか。
また、ラムダ株の感染も広がっているという可能性があるので、今後の感染状況を予測したりするためにも、ラムダ株に対するスクリーニング検査も一刻も早く開始しなければならないと考えるのは私だけでしょうか。
※私が記した新型コロナウイルス関連の記事は、こちらを見てください。

コメント

非公開コメント

検索フォーム

最新記事

QRコード

QR