fc2ブログ

    美浜原発3号機の危険性について

    記すのが遅くなってしまいましたが、明日(6月23日)から再稼働予定の美浜原発3号機に危険性について記したいと思います。
    個別の危険性を記す前に、福島第一原発事故を振り返って見ると、1~6号機の中で炉心でメルトダウンや爆発が起きたのは1~4号機だったという事を考えれば、また、福島第一原発よりも後で建設された福島第二原発や女川原発はメルトダウンや爆発が起きなかったという事実を見れば、原発は古い方うが危険であるという事は間違いないと言えるのではないでしょうか。
    そして、結果的に福島第一原発の1号機は約40年、2号機は約37年、3号機は約35年、4号機は約33年運転してメルトダウンや爆発を起こしたのですから、運転開始から約45年も経過している美浜原発3号機を再稼働させるのは、尋常ではないと考えるべきではないでしょうか。
    それと、美浜原発3号機の主要な個別の危険性については、
    (1) 経年劣化によりコンクリートやコンクリートの中の鉄筋が腐食するなどして原子炉のプラント全体の耐震強度が低下しているはずであり、配管等も劣化しているはずなので、地震動でプラント全体が振動して配管等が破損し、ECCSが動作しても核燃料が冷却出来なくなる可能性があるのではないか。*1
    (2) 原子炉の格納容器は鋼鉄製のようだが、海に近いため鋼鉄が腐食したり、中性子照射脆化等で強度が低下している可能性があるので、地震動で格納容器が破損して放射能の封じ込めが出来なくなったり、過酷事故が起きた場合、ベントが遅れると格納容器が破裂する可能性があるのではないか。*2 *3
    (3) PWRの核燃料プールは原子炉のプラントとほぼ同じ高さにあるようだが、核燃料プールが老朽化しているため、核燃料プールに亀裂が入って核燃料の冷却が出来なくなって核燃料がメルトダウンしたり、放射性物質が核燃料プールから漏れ出す可能性があるのではないか。*4
    (4) 圧力容器や大口径配管の鋼鉄が中性子照射脆化しているため、過酷事故が起きてECCSが機能して炉心の温度が急速に低下した場合、圧力容器や大口径配管に亀裂が入ったり、最悪の場合は圧力容器が破裂する可能性があるのではないか。*5 *6
    (5) 美浜原発の2号機は1991年に、3号機では2004年に冷却系の機器の破損事故があり、3号機の事故では死傷者が出たが、老朽化に伴って同様の事故が起きやすくなり、過酷事故に発展する可能性があるのではないか。*7
    (6) 平井憲夫氏の原発がどんなものか知ってほしい(12)によると、美浜原発の2号機の1991年の事故では、ECCSが自動で動作しなくて手動で操作したとされているが、老朽化に伴ってこのような事がさらに起きやすくなる可能性があるのではないか。
    (7) PWRは格納容器が原子炉建屋を兼ねている関係でBWRよりも弁やその他重要装置が格納容器内に存在すると思えるため、メルトスルーが起きて圧力容器から放射性物質が大量に放出されると、被曝量が多くなりすぎて、それらの装置の手動操作が出来なくなってしまう可能性があるのではないか。
    (8) プラントの電力用の配線や信号通信用の配線や重要装置等が老朽化して、想定外の事態が起きる可能性があるのではないか。
    という事になるのではないでしょうか。
    *2 大飯原発の再稼働の時に小林圭二氏が関西電力に大飯原発の格納容器のベント装置について確認したところ、大飯原発のベント装置がどうたらこうたらという話が合った記憶がありますが、美浜原発の3号機も含めて、日本のPWRの格納容器はきちんとしたベント装置が付いているのでしょうかね。
    *3 中性子照射脆化は、格納容器よりも圧力容器の方が影響が大きいのですが、中性子照射脆化の意味は、九州電力のこちらの説明を見てください。
    *4 私は、福島第一原発の4号機は、核燃料プールでメルトダウンが起きて爆発したのではないかと考えていますので、福島第一原発の4号機の爆発についてを見てください。
    *5 原発は定期点検で圧力容器や配管の亀裂を点検していますが、基準値以内の深さの亀裂は容認されているようなので、老朽化が進んだ場合に、これらの亀裂が中性子照射脆性脆化によって急速に拡大する可能性があるのではないでしょうか。
    *6 *3と同じです。
    *7 関西電力の美浜発電所3号機事故についてを見てください。
    追記:
    ついでに記しますが、PWRの方がBWRよりもトリチウムの放出量が多い事については、どうしてトリチウムは危険なのか(2)の*2と*3を見てください。
    追記2:
    *2の件については、togetterの小林圭二さん "加圧水型原子炉 (PWR) の 問題点"を見てください。
    追記3:(2023/7/29)
    「可能性が高いのではないか」と記していた箇所を、全て「可能性があるのではないか」に訂正しました。
    関連記事

    コメント

    Re: 割れてしまったら

    https://www.nsr.go.jp/data/000169357.pdf
    によると、2015年11月時点で試験片の「関連温度」は53℃だったそうですが、本当かどうかは分からないですよね。
    尚、原子炉が脆性劣化でパリンと割れたら、とりあえず放射性物質が大量に放出されるのではないですかね。

    割れてしまったら

     たしか新品の耐性温度はマイナスだったと思いますが、おそらく定検時に試験片で温度を調べていると思いますが、現在は何度まで上昇しているのでしょうか?
     緊急時に冷却水をかけて原子炉が脆性劣化でパリンと割れてしまったらどうするのでしょうか?
    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR