中国の台山原発1号機の核燃料の破損について

中国、原発の燃料棒破損と発表 放射性物質の濃度が上昇(KYODO 6/16(水))によると、「問題が起きたのは台山原発1号機の原子炉内で、6万本余りの燃料棒のうち「5本前後」が破損した。」が「技術や安全面の基準は満たしていると強調した。」そうですが、中国政府は、このような過信がこれまで世界的に重大な核事故に繋がって来た事を理解していないとしか言いようがないのではないでしょうか。
今後、核燃料がさらに破損する等して核燃料の破片が一次冷却系を循環して伝熱関係機器やポンプを破損させたり、核燃料が破損した部分の制御棒が挿入出来なくなる等して、過酷事故が起きたら一体どうしてくれるのでしょうか。
私は、中国政府や中国の国民に対しても原発を止めるように訴えますが、兎も角、中国政府に対して、問題が起きている台山原発1号機を即座に停止させ、原子炉内を点検するとともに、破損した核燃料の交換を行う事を切に訴えます。
Yahoo!知恵袋[q13244775128]で質問して見ました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

最新記事

QRコード

QR