fc2ブログ

    ReadyBoostの効果について

    最近、デスクトップPCでもドライブにSSDを使用している人の方が多くなったと思いますが、私は用心深い人間なので、未だにデスクトップPCでHDDを使用しています。
    Windows10になってWindowsが一層遅くなり、HDDでは満足に動かないと思われている方がいらっしゃるかもしれないですが、現在でも、以下の対処で快適になると思います。
    (1) ディスクキャッシュヒット率を高めるために適切な量のメモリを搭載する。
    (2) 余計なソフトは極力アンインストールする。
    (3) 余計な機能や余計な視覚効果や余計なサービスは極力停止する。
    (4) HDDのシーク距離を短くするためにCドライブの使用量を極力減らす。
    そして、低価格でそれなりに効果があるのがReadyBoost(Wikipedia)なのですが、昨日Windows10 20H2にアップデートしたら、タスクマネージャーでUSBドライブのアクセス状況が分かるようになり、ReadyBoostの効果が目で見て分かるようになって喜んでいます。
    現在は、半年ちょっと前に約500円で購入したUSB3.0対応のUSBメモリ一本をReadyBoost用のドライブにして今のところ順調に動作していますが、久々に効果を確認するためにCristalDiscMarkで測定しましたので、その結果をアップしました。
    1枚目の画像はReadyBoost無しで2枚目の画像はReadyBoostありですが、これらの画像を見ると、ランダムリードでかなり効果がある事がお分かるのではないでしょうか。
    現在のHDDは低価格で大容量で以前より寿命が長く、HDDは壊れる前に回転音が大きくなったりアクセスが遅くなったりするので、また、CrystalDiskInfoの診断が信頼出来るので、いきなり壊れて大変な事になるという事が少ないのがHDDの大きなメリットではないでしょうか。
    尚、SMRのHDDはシステムドライブに使用すると性能が出なかったり寿命が短くなる可能性があると思いますので、この点には十分注意してください。
    rboff.jpgrbon.jpg
    関連記事

    コメント

    Re: 続

    >ReadyBoost について初めて知りましたが、試してみる元気もありません。
    もし不要なUSBメモリがあれば、このブログにコメントするよりも簡単に試せますから、PCがHDDなら試して見てはいかがですか。

     現在のOSについてもWindowsは粗悪品という感想です。余計なお節介が増えて重いったらありゃしないし、必要な機能は無くなってしまい、使いにくいです。
     私がまだ若かったらWinの代わりにTRON、UNIX、MAC_OSを試してみたいのですが少数派でもあり、かつもう年老いていることでもあるのであきらめています。

     ReadyBoost について初めて知りましたが、試してみる元気もありません。
     くだらない思い出話を長々と書いて申し訳ありませんでした。

    くだらない思い出話

     大昔のことです。プログラミング実習ではFORTRAN言語(現在はどうなっているのか?)を使用し、パンチカード(今の若い人には分からないでしょうね)経由で読み込ませていた時代がありました。当時の最新大型コンピュータでも主記憶はたった65KBの磁気コアメモリ(これも若い人には分からないでしょう)でした。
     それから何年か後、勤務先でPC8001→8001Mk2→8801でBASICとアセンブリ―言語で飯を食った時代がありました。(OSはCP-M→MS-DOS)
     インテル80系のCPUは粗悪品(私の感想)でした。(例えば16bitになってもバンクレジスタによるアドレッシングの壁の存在等)
     その為、仕事では80系のPCを使っていましたが、私物は68系を購入していました。その後残念ながら80系が普及してしまいました。
    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR