何だコレ!?福島第一原発ミステリー

第一原発コンテナ4000基中身不明 2017年、データ化せず放置 東電、ずさんな管理露呈(福島民報 2021年4月8日)だそうですが、福島県側で把握出来ていなかった4000基ものコンテナの中に一体何が入っているんでしょうかね・・・・
因みに、コンテナの表面の線量は最大で1.5mSv/hだそうですが、自然放射線の線量を0.06μSv/hとした場合、コンテナの表面の線量は最大で約2万5千倍になってしまいますが、まさか、福島第一原発の3号機の爆発についてで想定した3号機の核爆発によって飛散した核燃料の残骸の一部が入っているという事は有り得ないですよね。
福島県の職員は、これらの4000基のコンテナの中身をしっかりと調べてもらいたいものですが、まずは中性子線の線量を測定すれば、核燃料が含まれているかどうかは直ぐに判定出来るのではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

himajinnohimana

Author:himajinnohimana
Yahoo!知恵袋で遊んでいたら、いつの間にか放射能の暇人になってしまいました。

ランキング

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR