fc2ブログ

    原発の再稼働があまり進まない原因について

    原発の再稼働があまり進まない事については、大変良い事なのですが、この原因については、
    (1) 福島第一原発事故を経験して、原発を稼働する側の人達が低線量被曝の危険性についてどうして原発は火力発電より地球に優しくないのか揚水発電と自然エネルギー発電の組み合わせについて等に記した内容を理解し、モチベーションが無くなって来ているのではないか。
    (2) 原発の技術者や作業者が高齢化して退職し、原発の技術者や作業者の確保が出来なくなって来ているのではないか。*1
    (3) 福島第一原発事故の事故対応を行ってきた原発技術者や原発作業者が放射線被ばくで働けなくなってしまい、原発技術者や作業者の確保が出来なくなって来ているのではないか。*2
    (4) 福島第一原発事故のせいで一般の人達が放射能や原発事故の恐ろしさを知り、原発技術者や原発作業者の確保が出来なくなって来ているのではないか。*3
    (5) 東通原発や女川原発や柏崎刈羽原発等の原発は、東日本大震災の際の地震動等で原発の劣化が進み、原発を自信を持って再稼働出来る状態ではなくなってしまっているのではないか。*4
    と言った所ではないでしょうか。
    尚、元原発技術者で反原発運動を精力的に行ってきた平井憲夫さんの原発がどんなものか知ってほしい(12)によれば、美浜原発で異常が起きてECCSが自動的に起動しなかったけれど、たまたまベテランの職員がいてECCSを素早く手動で起動し、美浜原発はチェルノブイリ原発のように爆発せずに済んだという話があるようですが、原発をよく知っているベテラン職員がどんどん退職しているはずだし、最近原発は稼働していなくて原発の安全運転のノウハウが継承されにくくなっていると考えられるので、今後原発を再稼働する事は、これまで以上に危険なのではないでしょうか。
    *1 原発の再稼働には、原発の安全対策を実施する技術者や作業者が足りるかどうかが大きな影響を与える事になるのではないでしょうか。
    *3 *1と同じです。
    *4 柏崎刈羽原発の危険性は、柏崎刈羽原発の危険性についてを見てください。
    追記:
    日本の人口減少が加速しているようですが、福島第一原発事故のような大事故が起きたら、事故に対応する作業者が集められなくて、どうしようもなくなるのではないでしょうか。
    また、ついでに言いますが、老朽化原発の危険性は、美浜原発3号機の危険性についてを見てください。
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR