fc2ブログ

    原発はコストが高いから止めましたの?

    欧州で原発の運転停止相次ぐ、再生可能エネルギー急増で需要低下(Bloomberg 2024年4月9日)との事ですが、原発は再生可能エネルギーによりも圧倒的にコストが高いから止めたという事で文句はないですよね?
    尚、原発のコストについては、原発の発電コストは本当に安いのかから見てください。
    Yahoo!知恵袋[q11296340896]で質問して見ました。
    ※下の画像は、スタジオジブリのサイトのこちらから入手したものです。
    kimitachi001.jpg

    福島第一原発の1号機がヤバいみたいです

    差し迫る、 福島原発1号機の倒壊と日本滅亡(森重晴雄 (著))という書籍が出版され、福島第一原発の1号機については気にしていたのですが、<福島第1原発の1週間>耐震性確保が課題の1号機 格納容器の水位低下に向け注水量を減少(東京新聞 2024年4月1日)を見ると、1号機の格納容器の水位を低下させて1号機の原子炉の倒壊を防ごうとしているようなので、やっぱり1号機はかなりヤバいみたいですね。
    因みに、これまで核燃料デブリの発熱を抑えて放射性物質の放出量を減らしてきたはずですが、水位を低下させて核燃料デブリの温度が上昇した場合、自発核分裂が盛んになって放射性物質の放出量が増えたり、最悪の場合、再臨界が起きるという事はありえないのでしょうかね? *1
    *1 核燃料デブリの温度が上昇した場合、自発核分裂が盛んになって放射性物質の放出量が増えたり再臨界が起きる可能性があると考える理由は、メルトダウンに伴う再臨界の可能性についての(3)と(4)を見てください。
    Yahoo!知恵袋[q11295929091]で質問して見ました。

    六ヶ所再処理工場は80万円で攻撃されないのでしょうか?

    報道によると、モスクワのテロの実行犯の中で、80万円の報酬のために残忍なテロを実行したというテロリストがいたそうですが、そのテロリストは多くの人の命よりも80万円のほうが大事だったのでしょうね?
    このように考えると、今後、お金目当てで六ケ所再処理工場を攻撃するテロリストが現れないという保証はないと思うのですが、いかがでしょうかね?
    そして、国民の安全を真面目に考えれば、万が一の時のために一定数の自衛隊員を原発や再処理工場に常駐させるべきだと思うのですが、いかがでしょうか?
    尚、六ヶ所村の再処理工場で意味不明な事が起きた?という話もありますので、どうか見てください。
    Yahoo!知恵袋[q13295441908]で質問して見ました。

    東海第二原発と東海再処理施設は大丈夫でしょうかね?

    尚、電気事業連合会の使用済燃料貯蔵対策の取組強化について(2018年11月20日)のP5を見ると、東海第二原発もリラッキングを行っているようなので、地震によって大きな揺れを食らったらヤバいかもしれないと思うのですが、どうして私がヤバいと思っているのかという事については、核燃料のリラッキングの危険性についてを見て理解してください。
    また、原発が地震に弱い事については、福島第一原発事故の経過の疑問点についてから見て理解してください。
    それと、廃止措置を行っている東海再処理施設に現在どれだけの放射性物質がどのように保管されているのかは私は分からないですが、東海再処理施設もヤバい可能性があり得るのではないかと思いますので、再処理工場よ、やはりお前もかをどうか見てください。

    どうして再生可能エネルギーの電力を捨てますの?

    九州電力では原発を無理筋で稼働させるために2018年から太陽光発電の出力制御を行いましたが、最近になって再生可能エネルギーによる発電量が順調に増えて来て、原発を再稼働させていない中部電力まで再生可能エネルギーによる発電の制限を始めたそうです。
    東電も再エネ発電制限、停電回避へ春以降 全国で常態化(日本経済新聞 2024年2月4日)によると、東京電力も今年の春から出力制御を行うそうです。
    因みに、原発の場合は何百キロも電磁波や熱を漏らしながら送電しているのに、どうして再生可能エネルギー発電では遠隔地まで送電して電力が無駄にならないように出来ないのでしょうかね?
    それと、電気事業連合会の電源別発受電電力量の推移のグラフが未だに2021年のままになっていますが、いつになったら2022年と2023年のデータが出て来るのでしょうかね?
    ※下の画像は、スタジオジブリのサイトのこちらから入手したものです。marnie008.jpg

    九電と四国電のMOX燃料が在庫切れだそうです(笑)

    玄海原発、初のプルサーマル停止 プルトニウム在庫切れ、伊方も夏に(朝日新聞 2024年1月26日)だそうですが、「現地に貯蔵するプルトニウムの在庫が尽き、新たなMOX燃料の製造ができなくなった」そうです。
    この様に状況になってしまったのは、われわれ庶民には教えられない秘密があるような気がしてならないですが、もしかしたらMOX燃料を使うと原子炉の寿命が短くなるからとか、玄海原発や伊方原発でMOX燃料をこれ以上使い続けたら、マジで事故が起きる危険性があるからというような事はありえないのでしょうかね?
    それにしても、六ヶ所再処理工場(Wikipedia)で未だにMOX燃料が1本も作れていないですが、この理由についても、われわれ庶民には教えられない秘密があるような気がしてならないのは私だけでしょうかね?
    因みに、MOX燃料を使用したプルサーマル運転の危険性と問題性については、プルサーマル運転の危険性と問題性についてから見ていただけると助かります。

    高浜原発の1号機と4号機がグダグダのようです(笑)

    志賀原発の1号機と2号機の変圧器の故障に続き、高浜原発の1号機と4号機がグダグダになったようですので、高浜1号機、2次配管で蒸気漏れ 環境に影響なし―関電(JIJI.COM 2024年01月22日)高浜4号機、4月再稼働に遅れ 伝熱管の損傷で―関電(JIJI.COM 2024年01月22日)を見てください(笑)
    原発推進派は、電源の安定供給のためには原発が必要だと絶叫し続けていると思いますが、これでも原発は電源を安定供給出来るのでしょうかね?
    それと、このようなグダグダの原発を無理やり稼働させて大事故が起きたらどうするのでしょうかね?
    高浜原発の1号機の今回のトラブルの原因は原発自体の老朽化だと思うのですが、能登半島地震が影響した可能性もあり得るのではないでしょうかね?
    また、4号機についてはMOX燃料の使用が影響している可能性はあり得ないのでしょうかね?
    尚、高浜原発の4号機は、昨年の1月末にもトラブルが起きて2ヶ月弱停止していますので、高浜原発4号機の自動停止はプルサーマル運転のせい?高浜原発4号機の自動停止はプルサーマル運転のせい?(2)をまだ見ていない人はどうか見てください。

    志賀原発の1号機の傾きが能登半島地震で増しました?

    志賀原発の揺れ、一部で想定をわずかに上回る 原子炉への異常なし(朝日新聞 2024/1/10)の志賀原発を上空から撮影した志賀原発=2024年1月2日午前9時46分、石川県志賀町、朝日新聞社機から、嶋田達也撮影の画像を良く見ると、右側の多分1号機のタービン建屋だと思いますが、私には右の方向に傾いているように見えるのですが、いかがでしょうか?
    因みに、志賀原発2号機の水槽水位、一時3m上昇と訂正…能登半島地震の津波影響(読売新聞 2024/01/04)北陸電力・志賀原子力発電所(2021年6月、石川県志賀町で)=読売機からの画像を見ると、今回の能登半島地震の前から傾いていた事が分かりますが、今回の能登半島地震によって傾きが増したと思えるのは私だけでしょうか?
    尚、志賀原発 外部電源一部トラブル 漏出の油量は当初発表の5倍超(NHK 2024年1月6日)によると、「1号機の原子炉建屋の周辺など少なくとも4つのエリアで、コンクリートで舗装された地面に数センチから最大35センチの段差や地盤の沈下が見られた」そうですが、震度5強の耐震基準以下の地震でもこのようになったしまうという事は、耐震基準以上の地震が起きた場合は、想定以上の段差や地盤沈下が起きて、志賀原発は一巻の終わりになる可能性があるという事でしょうかね?

    原発は海岸が隆起しても大丈夫ですの?

    【能登半島地震】輪島の海岸が4メートル隆起 観測史上で最大級、津波への影響も(中国新聞 2024年1月6日)によると、鹿磯漁港では「海岸線が海方向に約250メートルも移動したとみられる」そうですが、志賀原発内の水位変化を訂正 なしを3メートルに「情報共有不十分」(朝日新聞 2024年1月3日)によると、「沖合の取水口から約500メートルの地下トンネルで海水を引き込んでいる。」そうなので、原発8割 冷却不能も 津波引き波5メートル 取水できず 炉心溶融の恐れ(しんぶん赤旗 2006年3月2日(木))で指摘している大地震の津波の前に起きる引き波も考えると、原発は耐震性だけではなく、海水による冷却についてもかなり綱渡りをしているのではないかと思えて来たのですが、皆さんはいかがでしょうか?
    尚、原発の耐震性の問題については、福島第一原発事故の経過の疑問点について福島第一原発の4号機の爆発についてをまだ見ていない人は見ていただけると助かります。
    ※下の画像は、スタジオジブリのサイトのこちらから入手したものです。
    Yahoo!知恵袋[q10291509375]で質問して見ました。
    marnie050.jpg

    今回の地震で原発事故が起きなくて良かったですよね

    志賀原発 外部電源一部使えず 安全上重要な機器の電源は確保(NHK 2024年1月2日)によると、「1日に震度7の揺れを観測した石川県志賀町にある志賀原子力発電所では、外部から電気を受ける系統が現在も一部使えない状況が続いています。」「地震による影響で、1号機と2号機で外部から電気を受けるために使われている変圧器あわせて2台で、配管が壊れて絶縁や冷却のための油が漏れ出したということです。」「揺れの大きさを示す加速度は水平方向で336.4ガル、鉛直方向で329.9ガルで、それぞれ東京電力福島第一原発の事故の前に想定していた水平方向で最大600ガル、鉛直方向で最大405ガルを下回っていました。」「1号機と2号機の使用済み燃料プールで放射性物質を含む水が床面にあふれ出たことについて、あふれた量は1号機が95リットル、2号機は326リットルだったと明らかにしました。」との事だそうです。
    耐震基準以下の振動でどうしてこのようなトラブルが起きたのかは分かりませんが、もし原発を再稼働していたり、震源地がもっと近かったり、地震の規模がもっと大きかったらどうなっていたか分からないですよね。*1
    そして、今回の地震で避難経路の道路は地震の影響で非常に通行しにくい状態になってしまったようなので、もし原発事故が起きていたら、まともに避難する事が出来なかった可能性があるのではないでしょうか。
    また、原発の避難計画には、このような事はきちんと考慮されていないと思いますから、大地震になった場合は、原発に近い地域住民は、放射能レベルが高い放射性プリュームの餌食になる可能性がある事が今回の地震によって鮮やかに示されたのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
    *1 原発の耐震強度が住宅より弱い事は、食品と暮らしの安全の住宅より揺れに弱い原発を見てください。
    Yahoo!知恵袋[q12291276167]で質問して見ました。
    追記:
    少なくとも750人あまりが孤立状態… 一部では自衛隊による救助活動も 最大震度7観測の能登半島地震(TBS NEWS 2024年1月3日)との事だそうですが、原発事故が起きて道路が寸断して孤立状態になったら一巻の終わりですよね(泣)
    追記2:
    志賀原発の周辺15カ所で放射線量を測定不能 モニタリングポストが「壊れているのか、埋まっているのか…」 (東京新聞 2024年1月4日)によると、「2011年3月の東京電力福島第1原発事故では、福島県が設置していた24台のモニタリングポストのうち23台が測定できなくなり、放射線量の把握が難航。結果的に、多くの避難者が放射線量が高い地域に逃げ、被ばくを強いられた。」そうです。
    追記3:
    志賀原発の前の海に油膜 北陸電「変圧器から漏れた油の可能性高い」(朝日新聞 2024年1月7日)によると、あふれた油の量は「約1万9800リットル」にもなるそうなので、変圧器の冷却用の油が循環している配管はグダグダになったという事はないでしょうか。

    夢の小型原子炉の失敗で原発の高コストが証明された?

    「夢の小型原子炉」開発が頓挫、日本企業も100億円以上を出資 そもそも実現に疑問の声も…(東京新聞 2023年11月18日)によると「次世代の小型原発「小型モジュール炉(SMR)」開発を進める米新興企業ニュースケール・パワーが米アイダホ州での建設計画を中止した。」そうです。
    開発を止めた理由は、一言でいうと「SMRの発電コストが想定を大幅に上回ったためだ。」という事のようです。
    原発推進派は、原発の発電コストは本当に安いのか?で記した通り「原発はLNGガスの約5万分の1の重量の燃料で発電出来るから、原発のコストは安い」というような事を今でも言い続けていると思いますが、この様な主張は、誤りだった事を夢の小型原子炉が証明した形になったと考えるのは私だけでしょうか?(笑)
    尚、小型原子炉は安全で事故を予防するためのコストや事故が起きた時のコストが少ないから従来の原発より有利性があると言われていたはずですので、事故を予防するためのコストや事故が起きた時のコストが高い従来の原発は、建設の中止を決定した夢の小型原子炉よりもコストが高い事は明らかではないでしょうか。
    Yahoo!知恵袋[q13289452408]で質問して見ました。

    福島第一原発を堀で囲めば完璧だと思いませんか?

    凍土壁、想定外の長期運用へ 福島第一原発汚染水対策の「切り札」、検証不十分なまま(東京新聞 2021年7月19日)を見ると、凍土壁のグダグダさ加減が分かると思いますが、凍土壁はいい加減にやめて、下の説明図のように、福島第一原発を堀で囲めば完璧だと思いませんか?
    Yahoo!知恵袋[q13286049348]で質問して見ました。
    f1mote4.jpg

    上関町で建設予定の中間貯蔵施設の危険性について

    Yahoo!知恵袋の祭りが下火になってきたので、上関町で建設予定の中間貯蔵施設について簡単に記しておきたいと思います。
    上関町で建設予定の中間貯蔵施設については、青森の中間貯蔵施設 むつ市が共用案に反発(日経新聞)関電の使用済み核燃料搬出、無理な説明で地元反発(産経新聞 2023/7/15)を見れば分かる通り、関西電力の原発の使用済み核燃料の核燃料プールの空収容量がひっ迫し、青森県からは使用済み核燃料の受け入れを断られ、福井県からは中間貯蔵施設の建設を断られたため、苦肉の策として急遽、中国電力が上関町で建設予定の上関原発の敷地内に中間貯蔵施設の建設を申し出て、上関町長が町民の民意を無視して建設を受け入れる方向に動いたという話だと思います。
    原発は昔から「トイレのないマンション」と同じだと言われ続けて来ましたが、この事がまさに表面化して来たと言えるのではないでしょうか。
    それと、日本では原発の廃炉自体を完了させたという実績はなく、廃炉が完了しても敷地の汚染物質は除去しきれないので、原発を続ける限り、国土が狭い日本は「放射性物質のゴミ屋敷」と化して行くのは間違いないという事です。
    ところで、中間貯蔵施設は単なる放射性物質のゴミ置き場と考えたら大きな間違いです。
    どういう事かというと、中間貯蔵施設は使用済み核燃料を再処理を行うまで冷却する施設と考えるべきです。
    したがって、中間貯蔵施設には使用済み核燃料の冷却用のプールがあり、冷却が停止したり、冷却用のプールが損傷すれば、大量の使用済み核燃料がメルトダウンを起こし、日本が終了する可能性があり、この事は、日本中のすべての原子力施設にも当てはまる事ですが、貯蔵する放射性物質の量が多くなればなるほど危険性が増す事になります。*1
    また、核燃料プールで冷却しなければならないほど発熱するという事は、自発核分裂もそれなりに盛んに継続しているという事ですから、中間貯蔵施設に収容された使用済み核燃料は気体も含めた核分裂生成物を生成し続けているという事であり、原発の稼働時と同様、放射性気体が放出されたり放射性物質が海に放出される事になるはずです。
    それと、上関町で建設予定の中間貯蔵施設は長島という島なのですが、本州からこの島に通じる橋は1本しかなく、この橋が何らかの理由で通れなくなった場合、住民の避難は困難になるし、事故対応のための資材や作業者の投入も困難になるでしょう。

    高浜原発1号機の危険性について

    大変残念ながら、昨日(7月28日)、老朽化した高浜原発1号機の再稼働が始まってしまいましたが、老朽化した原発の危険性は、美浜原発3号機の危険性についてを見てください。
    尚、この事により、日本のオワコン化の道を一歩進んだと思うのは私だけでしょうか。
    因みに、現在、高浜原発の3号機と4号機で使用されているはずのMOX燃料について、輸入MOX燃料、1体12億円と判明 ウランの10倍 関西電力(朝日新聞 2023年7月8日)という報道がなされましたが、MOX燃料を使用したプルサーマル運転の危険性と問題性はプルサーマル運転の危険性と問題性についてから見てください。
    それと、高浜原発1号機もPWRで大量のトリチウムを放出するのですが、トリチウムの危険性は、どうしてトリチウムは危険なのかから見てください。
    追記:(2027/7/30)
    輸入MOX燃料の価格はウラン燃料の約10倍という事は、二酸化炭素の放出量が価格に比例していると考えると、輸入MOX燃料の二酸化炭素の排出量はウラン燃料の約10倍になる事になるという事で宜しいでしょうか。

    IAEAの日本の分担金は「10%超」だそうです

    原発処理水の放出にお墨付き…IAEAは本当に「中立」か 日本は巨額の分担金、電力業界も人員派遣(東京新聞 2023年7月8日)によると、日本はIAEAに多額の費用と人材を提供し、日本の費用の分担率は「10%超」だそうです。
    このようなIAEAが処理水の放出にお墨付きを与えるのは必然ですよね。
    ただし、EXCLUSIVE-処理水放出巡るIAEA報告書、専門家の一部から懸念も=事務局長(REUTERS 2023年7月7日)によると、「グロッシ氏は、IAEAの報告書は処理水の海洋放出計画を認めるものではなく、日本政府が最終決定を下さなければならないとも発言。」「「IAEAは計画の承認も推奨もしていない。計画が基準に合致していると判断した」」そうですが、処理水の放出によって日本や近隣諸国で健康被害が起きたとしても、その責任は日本政府にあると言っているに等しいですよね。
    つまり、IAEAは日本に対する恩を仇で返していると思えるのは私だけでしょうかね。
    また、IAEAは原子力村(Wikipedia)の欧米版だと思っているのも私だけでしょうかね。
    尚、処理水中のトリチウムの危険性は、(再)どうしてトリチウムは危険なのか(5)から見てください。

    150兆円規模のGX投資の多くは原発にまわる?

    5月12日にGX推進法案が成立しましたが、ついに立憲民主党は原発にもろ手を挙げて賛成するようになってしまったようですね(泣) *1
    GX推進法の問題点はGX推進法案を通してはならない5つの理由(FoE Japan 2023.3.22)成立したGX法の「亡国の法」ぶりが酷すぎる(志葉玲 5/31(水))をよく見てもらいたいのですが、150兆円規模のGX投資の多くは電気代や税金や国債の大量発行によって賄われ、その多くが原発にまわるのではないでしょうか。
    もしそうだとすれば、この事により日本の電気代や税金はますます高くなるだけでなく、国債の大量発行(=通貨の大量印刷)によって円の価値が下がってインフレが激化し、おまけに原発事故の危険性もますます高まるのではないでしょうか。
    地球温暖化の最大の原因は原発と再処理工場である事は地球温暖化の最大の原因は原発と再処理ですよね?地球温暖化の最大の原因は原発と再処理ですよね?(2)を見てもらいたいのですが、福島第一原発事故の経過の疑問点についてを見てもらえば、福島第一原発事故の反省に踏まえた安全対策はほとんど出来ていない事が分かるのではないでしょうか。*2
    また、GX推進法に盛り込まれている原発の「60年超」稼働の危険性については、美浜原発3号機の危険性についてを見てください。
    原発の電気が高い事についてはやっぱり原発の電気は高かった!!を見てください。
    *2 グリーンピースの原発が温暖化対策にならない5つの理由も見てください。

    「日本原電、発電ゼロで収入1.3兆円超」だそうです

    Yahoo!知恵袋(原子力災害)を見ていて分かったのですが、日本原電、発電ゼロで収入1.3兆円超 原発事故後12年で(日経新聞 2023年5月18日)によると、「再稼働を前提に大手電力から「基本料金」を受け取っており、原発が停止したまま12年間で計1兆3000億円超になった。」そうです。
    日本原電については、つい最近になって敦賀原発2号機の再稼働審査 再び中断する異例の事態に 福井(NHK 2023年4月5日)大間原発の耐震評価で誤入力、深さ「3キロ」を「3メートル」…安全審査「ストップ」(読売新聞 2023/05/28)という問題が発覚したばかりですが、原発が停止していても毎年1000億円以上のお金を大手電力会社が払っているから日本の電気代が高くなっているという事はあり得ないのでしょうかね?
    それと、やっぱり原発の電気は高かった!!をまだ見ていない人は、どうか見てください。

    再処理工場よ、やはりお前もか

    再処理工場の耐震性について、どうせ原発と似たようなものだと思ってたかをくくって調べていなかったのですが、Yahoo!知恵袋(原子力災害)でこの件についての質問があったので、ネットを調べて見たら、原子力資料情報室六ヶ所再処理工場の 耐震問題(2022年1月14日改訂版)というものが見つかりましたので、どうか見てください。
    こちらの内容によると、六ケ所再処理工場は「基準地震動が450ガルの時点で、もともと「耐震裕度」が10〜20パーセントほどしかなかった高放射性の溶液を含む設備や地下の洞道などの耐震補強はまったくすすめられていない。 700ガルに耐えられることは全く論証されていない。」そうなので、六ケ所再処理工場は超危険な高レベルの放射性廃液を大量に貯蔵しているにかかわらず、耐震性は一般住宅の耐震性よりも低い原発以下という事になるのではないでしょうか。*1
    尚、核燃料のリラッキングの危険性について福島第一原発の4号機の爆発についてで説明したとおり、放射性物質を貯蔵する構造物は、貯蔵する放射性物質の量が多くなればなるほど危険が増すので、原発を稼働すればするほど六ケ所再処理工場の危険性が高まるのは目に見えているのではないでしょうか。
    また、原発の非常用発電機は本当に大丈夫っすかね?(3)で示したとおり、東日本大震災では、六ケ所再処理工場の非常用発電機が故障していますので、六ケ所再処理工場を大地震が襲ったら、日本はお陀仏になってしまう可能性が高い事も目に見えているのではないでしょうか。
    *1 原発の耐震強度が住宅より弱い事は、食品と暮らしの安全の住宅より揺れに弱い原発を見てください。
    Yahoo!知恵袋[q13279707133]で質問して見ました。
    ※下の画像は、スタジオジブリのサイトのこちらから入手したものです。
    howl011.jpg

    少子高齢化で原発と日本のどっちが先にオワコンになる?

    本日、羽鳥モーニングショーを見ていたら、日本は少子高齢化で高齢者を介護する人材やトラックドライバー等が不足していて、今後はさらに人手が不足するそうですが、高齢化が進んでいる原発労働者や原発技術者も不足して、原発の稼働は難しくなりますよね。
    また、多くの日本人は愚かではないと思いますから、低線量被曝の危険性について東北4県と北海道でがん死亡率が増えているようですというような現実を知る事により、ますます原発労働者や原発技術者になる事を忌避し、原発の稼働や廃炉や再処理工場の業務が立ち行かなくなりますよね。
    しかしながら、それでも自民党政府はアメリカやフランスやイギリス等の核兵器・原発大国の言いなりになって、ありとあらゆる手を尽くして原発を止めないようにすると思いますから、このまま自民党政府が続けば、原発や再処理工場を少人数で無理やり稼働させて、再び大事故が起きて、今度こそ日本がオワコンになるのではないかと心配するのですが、このような心配を行うのは、私が腰抜けの非国民だからでしょうか。
    ところで、人手不足と関係があるかどうかは分かりませんが、この記事を記して六ヶ所村の再処理工場で意味不明な事が起きた?を思い出したのですが、バルブが閉じられた原因は分かったのでしょうかね。
    それにしても、最近になって首相の命を狙う日本人が立て続けに現れ、今までは想像する事すら出来なかった事が日本で起きはじめている訳ですが、一般庶民は、原発や再処理工場の大事故の誘発を狙う人間が現れない事を祈るしか出来ないのですかね・・・
    追記:
    ところで、日本人が少子高齢化か原発事故で絶滅したら、日本はアメリカやフランスやイギリス等の核兵器・原発大国の放射性廃棄物の捨て場所になるの可能性があると思いますが、少なくとも、日本人が生きている間はそのような事にならない事を祈るのも私だけでしょうか(笑)

    やっぱり原発の電気は高かった!!

    「原発安全対策費、6兆円超」でも原発の電気は安い?を記してYahoo!知恵袋[q11277040106]で質問して、日本の原発がそれなりに順調に稼働していた時期に、日本の電気代が世界一高かった事を思い出したのですが、もし原発の電気が安いのなら、どうして日本の電気代が高かったのか、原発推進派の人達からすっきりと説明してもらいたいと思うのは私だけでしょうか。
    尚、日本の原発がそれなりに順調に稼働していた時期に日本の電気代が高かった事は、社会実情データ図録電気料金の国際比較を見てください。*1
    それにしても、ネトウヨや自民党政府に騙されないようにするためには、福島の小児甲状腺がんの多発ついても同じですが、物事を論理的(=微分的?)に見るだけではなくて、時系列的(=積分的?)に見る事が非常に大事だと痛感しました。
    *1 日本の原発の稼働状況の推移は、電気事業連合の日本の原子力発電の運転状況を見てください。
    Yahoo!知恵袋[q10277414005]で質問して見ました。

    「原発安全対策費6兆円超」でも原発の電気は安い?

    Yahoo!知恵袋で電気代を下げるために原発を再稼働しろという大合唱が連日うるさいので、Yahoo!知恵袋[q11277040106]で質問したところ、少しだけ骨がある反論があり、再反論のネタをネットで探してみたところ、原発再稼働へ重い投資 電力11社の安全対策費総額6兆円超 建設費上回る例も(西日本新聞 2023/3/10)という記事が見つけましたので、皆さんにお知らせします。
    因みに、核兵器のプルトニウムを効率的に製造するために存在するとしか思えない原発や再処理工場に「安全」の二文字などあり得ないと思うのですが、もともと危険でしかも老朽化してオンボロ化した原発にいくらお金や手間をかけても安全になるとは思えないし、「原発安全対策費」のために電気料金がより多く値上げされてしまうのではないかと疑ってしまうのは、私が敵性非国民だからでしょうか。
    尚、次の原発事故はどのような形で起きるのか全く分からないし、現在の原発に津波対策や電源喪失対策をいくら行っても原発は安全にはならないと思いますので、福島第一原発事故の経過の疑問点についてを見てください。
    Yahoo!知恵袋[q10277414005]で質問して見ました。
    追記:
    「オンボロ化した原発」と記して、大昔に「オンボロゾー」(正しくは「ロォ~ンブロォ~ゾォ~!」?)というセリフを連発していた悪役がいた事を思い出し、ネットで調べたら黄金バットのナゾーという宇宙人(?)だという事が分かったのですが、まさか、原発と再処理工場は宇宙人の陰謀という事はないのですよね(?)
    追記2:
    Yahoo!知恵袋[q11277040106]で、電気代が高い国はどこ?国別ランキングをチェックしてみよう(インズウェッブ! 2021年3月9日更新)の「家庭用電気料金の国際比較」のグラフを見せて、2015年ごろに原発の再稼働が始まって電気代が安くなったと主張されている方がいらっしゃいますが、天然ガス価格の推移(世界経済のネタ帳 2023年3月3日)を見ると、天然ガスの価格通りに電気代が推移した結果、2015年ごろに家庭用の電気代が値下がりした可能性が高い事が分かるのではないでしょうか。
    また、「家庭用電気料金の国際比較」のグラフを見ると、原発が順調に稼働していた2005年以前は、家庭用の電気代が先進国の中で1~2位を争うほど高かった事が分かりますが、日本が原発に依存し、再処理工場や高速増殖炉のもんじゅに大量のお金を投じていたからこのようになってしまっただけではなく、日本の税金も高くなっているという事ではないではないでしょうか。
    追記3:(2024/3/29):
    冒頭の記事のリンク切れに対応しました。

    志賀原発の直下の断層は活断層ではない?

    活動否定できず→活断層でない なぜ変わった?志賀原発直下の断層判断(毎日新聞 2023/3/3)によると、志賀原発の直下の断層は活断層ではない事で決定したそうですが、日本ではどこに新たに活断層が出来るか分からないし、活断層が原発の近くになくても大事故が起きる事は、たのみますから、福島第一原発事故の経過の疑問点についてを見て理解してください(请)

    原発の非常用発電機は本当に大丈夫っすかね?(3)

    Yahoo!知恵袋[q14276105274]の論議で東日本大震災が起きた時の非常用発電機の状態を調べましたので、原発の非常用発電機は本当に大丈夫っすかね?(2)の続きとして、調べた内容を以下に記しておきたいと思います。
    福島第一原子力発電所(Wikipedia):「2011年(平成23年)3月11日:東北地方太平洋沖地震とその後の巨大津波で、外部からの電源と、何らかのトラブルにより稼動しなかったとされる非常用ディーゼル発電機を失い、「全交流電源喪失」状態に陥ったことで、原子炉や使用済み核燃料貯蔵プールの冷却水を循環させる機能と非常用炉心冷却装置の機能を完全に喪失した。」
    福島第二原子力発電所(Wikipedia):「2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により、3本の送電系統のうち原子炉建屋に繋がる2本を喪失、その後の津波の影響で、一部の非常用ディーゼル発電機が機能を喪失し1、2、4号機でRHRを含む原子炉の冷却機能が喪失したため、18時33分に通報(いわゆる10条通報)が行われた。」
    女川原子力発電所(Wikipedia):「1号機の非常用ディーゼル発電機2台のうち1台が壊れていることが4月1日には発見されていたが、原子力安全・保安院への報告は4月8日であり、4月7日の余震時には使用不能であった。」「(3月11日に)原子炉建屋の地下が浸水した2号機は、発電機などを冷却する熱交換機が海水につかった為非常用発電機3台のうち2台が起動しないトラブルに見舞われたものの、別系統によって停止した。」
    東通原子力発電所(Wikipedia):「4月7日の余震では、外部電源が使用不能となり、燃料プールの冷却ができなくなった。26分後、非常用発電機3台のうち、点検中だった2台を除く1台が起動して冷却を継続したが、外部電源復旧後、この1台から燃料漏れがみつかり、使用不能となった。」
    六ヶ所再処理工場(Wikipedia):「2011年3月11日:東北地方太平洋沖地震により外部電源を喪失、非常用ディーゼル発電機2機で冷却水循環ポンプ等に給電したが、14日23時40分、ディーゼル発電機1機に不具合を生じたため停止して外部電源を使用、2時33分に給電が復旧した。残る1機も外部電源に切り替えた。」
    こちらの内容をよく見て見ると、非常用発電機に日本の運命を託すのは大変危険だという事がよく分かるのではないでしょうか(苦笑)

    原発の非常用発電機は本当に大丈夫っすかね?(2)

    東海第二原発は停止しているから、現在は仮に外部電源を喪失しても時間的な猶予があるから何とかなると思いますが、もし運転中に外部電源を喪失していたら福島第一原発事故のような大事故が起きた可能性が高いですよね。
    比較的新しい柏崎刈羽原発の6号機でも柏崎刈羽原発、非常用発電機で故障続く(新潟日報 2022/4/29)というありさまですから、老朽化原発で非常用発電機がトラブルを起こすのは当然と言えますよね。
    それと、もし老朽化原発で非常用発電機を修理出来たとしても、非常用発電機が長時間安定的に運転出来るとはとても思えないですよね。
    また、このような状況でも原発は安定的なベースロード電源と言えるのでしょうかね?
    因みに、北朝鮮が日本の原発や再処理工場を攻撃して日本が終了するよりも、原発事故や再処理工場の事故で日本が自滅する可能性のほうが確率が全然高いと思うのは、私が非国民(Wikipedia)だからでしょうかね?(笑)
    Yahoo!知恵袋[q14276105274]で質問して見ました。
    追記:
    これは冗談ですが、最近、岸田首相とベルクカッツェがダブって見えるようなったのは、私の目が悪くなったせいでしょうか(笑)
    追記2:

    高浜原発4号機の自動停止はプルサーマル運転のせい?(2)

    高浜原発4号機の自動停止はプルサーマル運転のせい?の続きですが、高浜原発4号機トラブル 関西電力担当者が県に謝罪(NHK 02月03日)によると、制御棒装置不具合の不具合で高浜原発4号機は自動停止したようですが、ここでいくつか疑問が出て来たので、ここで私の疑問をまとめておきたいと思います。
    差し当たり、私としては、
    (1) 原子炉が停止して5日もたって、装置の動作記録も確認しているはずなのに、どうして未だに原因が特定出来ないのか。
    (2) いくつの検出器で中性子の量の低下を検知し、それぞれの検知器はどのような値を示していたのか。
    (3) 何本中何本の制御棒がどのような不具合を起こしたのか。
    (4) 何本かの制御棒が不具合を起こしただけで、本当に自動停止しなければならないほど中性子量は減るのか。
    (5)「最近では、去年6月からの定期検査で、原子炉内の配管から異常が見つかり、予定より遅れて去年11月に運転を再開したばかりでした。」という事だそうだが、今回の自動停止と全く関連はないのか。*1
    (6) 原発の老朽化やプルサーマル運転の影響によって制御棒の動作に不具合が起きたという事はないのか。
    (7)「「制御棒駆動機構」で警報が鳴るトラブル」が相次いだそうだが、 「制御棒駆動機構」で相次いだ警報が鳴るトラブルの原因はなんだったのか。*2
    (8)「先月30日に関電が点検のため制御盤の電源を落としたところ、数十秒後に4号機が自動停止しました。」そうですが、制御盤の何の電源を落としたのか。*3
    といった疑問がありますが、どうして関西電力は歯切れの悪い対応を行っているのでしょうかね。
    また、関西電力の歯切れの悪さと定期点検からあまり期間がたっていない事を鑑みると、今回の自動停止は経年劣化やプルサーマル運転による影響があった可能性があるのではないかと疑うのは私だけでしょうか。
    *3 *2と同じです。
    Yahoo!知恵袋[q13275020678]で質問して見ました。

    高浜原発4号機の自動停止はプルサーマル運転のせい?

    高浜原発4号機が異常検知し自動停止 中性子の急減を示す警報 「経年劣化は関係ない」と広報担当者(東京新聞 2023年1月30日)によると、「30日午後3時20分ごろ、関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)が自動停止した。原子炉内で中性子の量が急激に減ったことを示す警報が出た。」「関電によると、原子炉容器の外側4カ所に設置された中性子検出器のうち2カ所以上で異常が検知された。」そうです。
    ここで、浅学な暇人の浅知恵で、関西電力が原因を公表する前に、高浜原発4号機の自動停止の原因を推理してみたいと思います。
    上の情報によると、「同様の異常検知で原発が自動停止したのは、1988年の高浜3号機以来。」だそうなので、過去にも同様の事が起きていたようですが、高浜原発4号機では、遅発中性子割合(ATOMICA)が少なくて反応速度が速くて潜在的な熱量が多いMOX燃料を使用したプルサーマル運転が行われているので、核反応の制御が難しくて間違って核反応が盛んになり過ぎて核燃料が過熱したり、一次冷却系にトラブルが起きてPWRでは出来てはいけない気泡が一次冷却系で発生し、ボイド効果(ATOMICA)によって核反応が低下するという事が起きやすい状態になっていたのではないかと私は推測しています。
    この事は、プルサーマル運転の危険性と問題性についての(1)の内容と関連する話なのですが、もし私の推理が正しくて、高浜原発4号機が制御棒を全挿入して自動停止していなければ、核反応の低下によって一次冷却系で発生した気泡が消滅し、中性子の減速が再開してMOX燃料の核反応の暴走を引き金して大事故が起きていた可能性もあり得たのではないでしょうか。*1 *2
    それと、今回は高浜原発4号機は無事に停止して大丈夫だったようですが、原発は老朽化すればするほど耐震性が低下するだけではなく、何らかのトラブルが起きた時にトラブルが重なって大事故に発展する可能性が高まるのではないでしょうか。
    *1 美浜原発で、ECCSが自動で動作しなくて手動で操作したという話がありますので、美浜原発3号機の危険性についての(6)を見てください。
    *2 MOX燃料の核反応が暴走しやすい理屈は、メルトダウンに伴う再臨界の可能性についての(3)と(4)を見てもらいたいのですが、MOX燃料の核反応の暴走が福島第一原発のの3号機の核爆発を引き起こしたのではないかと考えますので、福島第一原発の3号機の爆発についても見てください。
    Yahoo!知恵袋[q10274861415]で質問して見ました。
    追記:(2023/2/1)
    高浜原発4号機の自動停止の原因は、制御棒の落下だったようですが、こちの記事は無意味ではないと思いますので、このまま残して起きたいと思います。
    追記2:(2023/2/2)
    「追記:」の「制御棒の落下」は「制御棒の駆動系の不具合」が正解でしたが、まだ、詳細な話は分かっていないようですね。
    追記3:(2023/2/3)

    原発の発電コストは本当に安いのか?(7)

    原発の発電コストは本当に安いのか?(6)の続きですが、ロシアが握る濃縮ウランは欧米の急所=荒木涼子(編集部)(エコノミストonline 2022年7月4日)によると、天然ウランの価格がロシアのウクライナ侵攻以前と比べてかなり高騰しているようですが、濃縮ウランの製造には多大なエネルギーが必要なので、核燃料の製造コストは天然ウランの価格と比べてさらに高騰しているのではないでしょうか。
    また、天然ウランはロシアが約46%のシェアーを占めていますが、世界的な原発回帰でプーチンの笑いが止まらない?という事ですよね。
    尚、原発の発電コストは本当に安いのか(5)原発の発電コスト上昇、太陽光などより高く コスト優位性揺らぐ(毎日新聞 2021/7/12)という話を紹介しましたが、天然ウランの価格や核燃料の製造コストが上がっているのだから、経産省の出鱈目な方法で算出した原発のコストでさえ、太陽光発電よりもはるかに高いコストになっているはずですよね。
    それでも、アメリカやフランスやイギリス等の核兵器大国の言いなりになっている自民党政府は、小林よしおライクに言えば「そんなの全然関係ねえ」という事ですよね。
    ※下の画像は、スタジオジブリのサイトのこちらから入手したものです。
    nausicaa001.jpg

    再処理で核廃棄物を減らせる理由が分かりました?

    私はプルサーマル運転の危険性と問題性について(3)で再処理を行ってプルサーマル運転を行っても、プルトニウムやプルトニウム以外の超ウラン元素は減らないから、核廃棄物を減らしたり核廃棄物の毒性を短期間化出来ないのではないかという事を主張しましたが、よもやと思ってネットをよく調べてみたところ、日本原子力研究開発機構の高レベル放射性廃棄物の 減容化・有害度低減への挑戦(平成26年11月27日)というものを見つけました。*1
    この内容を見てみると、使用済み核燃料をズタズタにしてプルトニウムやプルトニウム以外の超ウラン元素(=マイナーアクチノイド)をそれぞれ抽出して、プルトニウム以外の超ウラン元素を高速炉やADS(ATOMICA)で中性子を照射すれば核変換が出来るから、プルトニウム以外の超ウラン元素を減らせるという事が分かりましたが、このプランを実現するまで一体どれだけの費用と期間がかかるのか分からないし、大変恐ろしい事に、ポンコツで超危険なもんじゅを再稼働させて実験を行うつもりだったようですね。*2
    因みに日本政府は、核廃棄物を減らしたり核廃棄物の半減期を短縮化する技術は全く完成しておらず、この技術を完成さるために多大な費用と期間がかかる事を一般国民に広く認知されないようにするために、上記の内容を敢えて資源エネルギー庁がお答えします!~核燃料サイクルについてよくある3つの質問に記さなかった可能性があるのではないでしょうか。
    尚、ADSについては既存の原発から比べると全然安全そうですが、運転に伴って猛毒のポロニウムやそれ以上に原子番号が大きい核種が生成されるし、発電コストも高くて一定の危険性はあると思いますので、発電には使用せず、脱原発を達成した後に核廃棄物の早期無害化のために慎重に利用すれば良いのではないでしょうか。
    *2 もんじゅがポンコツで超危険な理由は、もんじゅの危険性と問題性についてを見てください。
    Yahoo!知恵袋[q12273657762]で質問して見ました。
    追記:
    仮に、日本原子力研究開発機構の高レベル放射性廃棄物の 減容化・有害度低減への挑戦(平成26年11月27日)のプランが成功したとしても、原発の運転のためにこれまで以上に大きなエネルギーと手間が必要になり、ただでさえ高いコストがなおさら高くなるのではないでしょうか。

    原発の非常用発電機は本当に大丈夫っすかね?

    Yahoo!知恵袋[q13272900608]の質問を行うためにネットを調べて見たら、柏崎刈羽原発、非常用発電機で故障続く(新潟日報 2022/4/29)という記事を見つけました。
    この記事によると、「東京電力柏崎刈羽原発6号機の重大事故に備える非常用ディーゼル発電機1台が、3月から同じ箇所の故障を繰り返し、復旧できていないことが28日、分かった。2回にわたって修理し、試運転を行ったが、白煙が上がったり油が漏れたりして停止した。東電は「非常用発電機は他に二つある」とし、原発の安全性に問題はないと説明している。」そうですが、6号機のもう1台や7号機の2台のディーゼル発電機が同じ機種だとすれば、同じ事になる可能性があるのではないでしょうかね。
    また、柏崎刈羽原発の6号機は1996年11月に商業運転を開始した比較的新しい原発で未だに再稼働出来ずに止まっている訳ですが、比較的新しい原発でも非常用ディーゼル発電機の故障を直せないというのは一体どういうことなのでしょうかね。
    実は非常用ディーゼル発電機は2007年の新潟県中越沖地震でどこかの部分がおかしくなり、2011年の東日本大震災でとどめをさされたという事はあり得ないのでしょうかね。
    もしそうだとすると、柏崎刈羽原発の7号機の再稼働は非常に危ないという事になるのではないでしょうか。
    尚、原発の非常用発電機の故障は昔から起きていて、六ヶ所再処理工場(Wikipedia)女川原子力発電所(Wikipedia)東通原子力発電所(Wikipedia)を見ても、東日本大震災で非常用ディーゼルエンジンで致命的な故障が起きている事が分かると思いますが、原発の非常用発電機は本当に大丈夫なのですかね。
    追記:

    ドイツの発電コストはフランスより安くなった?(笑)

    私は、フランスの原発は大丈夫っすかね?フランスでは「猛暑で原子炉を冷やせない!」そうですでフランスの原子力発電に対する批判を行って来ましたが、原発大国のイギリスも大変な事になっているようですを記してフランスの話を思い出してネットを調べたところ、原発推進論者に対して壊滅的な打撃を与えるであろう欧州のエネルギー危機、自然エネルギーが電気料金の軽減に(自然エネルギー財団 2022年4月13日)という情報を見つけましたのでお知らせします。
    原発推進派は自然エネルギー発電はコストが高いから、ドヤ顔でドイツの電気代は高いとわめいていましたが、こちらの記事の「図6.フランス、ドイツ、ポーランドの電源構成」と「図7.フランス、ドイツ、ポーランドの卸電力価格の推移」のグラフを見れば、発電コストは原発のほうが高いので、原子力発電は完全に詰んだ事がよく分かるのではないでしょうか(笑)
    そして、世界的な原発回帰でプーチンの笑いが止まらない?で紹介した原発燃料の脱ロシア難航、米欧が依存 エネ安保リスクに(日経新聞 2022年7月19日更新)という話もあるので、原子力発電は今後も世界的にコストが上昇し続けるのではないでしょうか(笑^2)
    Yahoo!知恵袋[q14269745559]で質問して見ました。
    Yahoo!知恵袋[q12277695697]でも質問して見ました。
    追記:
    近年はフランスはドイツから輸入している電力量が増加していると思われますので、 「ドイツはフランスの原発由来電力を輸入している」は本当か(EnegyShift 2019年08月06日)を見てください(笑^2)
    追記2:
    「ドイツの電気代はフランスの電気代より安くなった?(笑)」というタイトルは不適切だったのでタイトルを訂正するとともに、本文も若干訂正しました。

    アクセスランキング

    FC2カウンター

    最新記事

    ブロとも一覧

    QRコード

    QR